« 初めてのハルヒル | トップページ | トライアスロン完走への道①(まえばしスイム&ラン) »

2016年8月20日 (土)

第7回富士忍野トレイルレースに参加

また時期をさかのぼって記事を書きます。2016.6.5の話です。
Photo
第7回富士忍野トレイルレースに参加しました。職場同僚のM氏と一緒に参加しました。前夜は、道の駅富士吉田で車中泊!ビールと焼酎を飲んで一人の時間を満喫しました。夏用の寝袋で寝ましたが、朝方は少し寒かったです。
レースの朝、雨が降っています。車の中で、膝や足裏のテーピングを貼って荷物を整えます。雨で気温が低いため、ザックに入れる装備に悩みました。
6時に駐車場の忍野中学校へ移動。この中学校はとても立派でした。受付をすると、今日のコースは、登山道が危険なため、ロングコースが中止となり、ミドルコースに変更になったことを知りました。私は、ロングコース(34.4キロ)にエントリーしていたので、少しがっかり…でも、雨はやまずに強くなるばかり。実際、この天気で34キロは厳しかったと思います。
20160817_214556
タイム:2時間29分16秒 178位/674
雨の中のスタート。トレイルレースは、マラソンのようなピリピリ感がなくて良い。M氏とは、4月から職場が変わってしまっていたので、会うの久しぶり。スタート~2kmまではお互いの近況報告をしながら走った。コースは、砂利道で水たまりがあちらこにある。
徐々に、山道に入っていき話している場合ではなくなった。登山道は、かなりぬかるんでいて、シューズのグリップが効かない。下りでは、まったくグリップが効かず、スキーのようにして下る場所もあった。しかし、そんな場所をクリアしていくことが楽しかった。登りは、心肺機能マックスで登り、走りやすい下山道ではブレーキをかけずに本能のままに走る。
Photo_2
このレースのために、山と高原地図のアプリを導入。標高、距離、軌跡を見ることができるので、今どこを走って(歩いて)いるか見ることができる。ガーミンはいらなか? いやっ、やはりスマフォなのでいちいち画面をタッチして表示させるのに、手間がかかる。特に雨だったので、その操作はけっこう大変
距離が、23.7キロとなったが、短くなった分ペースが速くなり体のダメージは相当だった。下りで調子に乗って飛ばすので、大腿四頭筋や首、肩にダメージが残る。レース後、5日間ひどい筋肉痛となってしまった。レース中は、飛ぶように下りを走っていたのに、次の日からは職場の階段を下りることができなかった。
 

« 初めてのハルヒル | トップページ | トライアスロン完走への道①(まえばしスイム&ラン) »

トレイルラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めてのハルヒル | トップページ | トライアスロン完走への道①(まえばしスイム&ラン) »