カテゴリー「登山」の投稿

2011年10月 5日 (水)

最高の仙丈ケ岳

10月1日に仙丈ケ岳へ登ってきました。メンバーは。坊主さん・猪面さん・私(まえだ)の3人。新宿に集合して20時30分に出発しました。

出発直後、猪面さんが仕事のトラブル発生! 車の中で電話対応をしている。猪面さんとは同業者なので、私も運転しながらそのトラブルについて考え、案を出す。未解決!?のまま、前泊地の石和温泉に到着。温泉入ってビール飲んで、明日に備える。

Img_1024

4時起床で芦安に向かう。芦安は想像していたよりも、ずっと空いていてちょっと拍子抜けした。到着するなり、タクシーの乗車を勧められる。5時40分発のバスを逃してしまったので、もちろんタクシーを利用するつもりだった。私たち3人は、マイペースで登山の準備をしていたが、タクシーの運転手がチラチラとこちらの様子を見ている。何故かと思ったら、すでのタクシー(10人乗り)の中には、他の登山客が乗車していた。私たち3人をすっと待っていたのである。気まずいムードで、タクシーに乗り込んだ。

南アルプス林道の夜叉神トンネルなどを抜けて、広河原へ。ここからさらにバスに乗り換えて北沢峠に向かう。

Img_1026

7時過ぎに北沢峠に到着。とても寒く、たぶん10℃以下だった。同じバスに乗っていた人たちは、ただの他人ではあるが、最終的には運命共同体であった!?

Img_1030

7時25分。いよいよ登山開始。樹林帯を歩きだす。

Img_1034

1時間20分で、五合目の大滝ノ頭まできた。今まで、夏山の樹林帯は汗びっしょりになってとてもきつく感じていたが、10月は涼しいのでそれ程辛さを感じなかった。

Img_1035

そろそろ森林限界を抜けそうになったときに、後ろを振り返ると昨年、黒戸尾根から登った甲斐駒ケ岳がきれいに見えた。

Img_1040

さらに高度を上げると、こんな景色!見事に晴れて、遠くには一昨年登った八ヶ岳・赤岳も見ることができた。

Img_1042

仕事のトラブルを抱えながらの登山になってしまった猪面さんも、素晴らしい景色にようやくこのガッツポーズ!

Img_1043

元気が出てきた猪面さん、先頭で引っ張る! 

Img_1047

登り始めて、2時間20分で小仙丈ケ岳に着いた。相変わらず天気は良い! そして気分も良い。もしかして今までの登山の中で最も良い山行かもしれない。

Img_1048

小仙丈ケ岳から見た『北岳』 いつか必ず登りたい。

Img_1053

コースタイムだと、あと1時間で山頂。

Img_1055

小仙丈沢のカールが見事だった。雑誌で見た景色と同じで、興奮する。

Img_1057

一旦下った後、山頂に向けての最後の急登。これまでは、気分よく登山ができていたが、やはり3000m級の山は甘くない。たぶん心拍数は170を超えていた。振り返ると甲斐駒の頂上と目線が同じくらいになっていた。

Img_1065

そして仙丈ケ岳の頂上に。言葉に言い表せないほどの素晴らしい景色だった。

Img_1068

甲斐駒ケ岳を指さしてのツーショット。3033mの世界は最高だった。

Img_1073

山飯は、モンベル羽生店で購入した『山の棒ラーメン』 麺がうまかった!

Img_1074

ガーミンも持っていきました。ガーミンは3035mを示していた。+2mの誤差であるがここは3000m以上の標高。まずまずの精度だと思う。

Img_1076

仙丈小屋でトイレを借りて、藪沢ルートで下山した。

Img_1079

下山は、どの山もきつい。膝がガクガクだった。太平山荘まで来れば、あとは10分で北沢峠へ。

Img_1083

14時には、北沢峠に下山できた。しかし、バスの時刻表は15時30分。時間があるので長衛荘で過ごす。

15時30分のバスには、行きで一緒だった他の登山者たちが乗っていた。15時30分発は最終のバスなので、乗り遅れるわけにはいかない。

仙丈ケ岳は最高であったが、バスやタクシーの利用は面倒だった。片道1100+750円でお金も掛かる。しかし、これが嫌だったら黒戸尾根を登るしかない。どっちを取る?

猪面さんのトラブルは結局解決せず、下山後仕事に向かいました。

2011年9月10日 (土)

八島湿原ハイキング

今年は、毎年恒例の夏山に行けなかったので日帰りで霧ヶ峰・八島湿原に行ってきました。

Img_0806

0歳児連れでも行ける百名山を探し、『霧ヶ峰』を見つけた! 霧ヶ峰は広く、コースの設定によっては4時間以上のコースもある。しかし、赤ちゃん連れだったので今回歩いたのは八島湿原一周の80分。

P1040714

モンベルのベビーキャリアは今回で3回目。初めて使ったのは、7月のたんばらラベンダーパークだったが、そのときよりもmaoがデカくなっていて安定するようになった。

P1040717

標高1630mの八島湿原。空気がうまかった。9月に入り、仕事疲れが出ていたが『積極的休養』で早起きしてここまで来た!

Img_0811_2

木道歩きは気持ちよかった。

Img_0813

久しぶりに野外でお湯を沸かして、カップラーメン。

Img_0817

この日、埼玉県は最高気温が34℃と言っていた。八島湿原でも日差しが強かったが、日陰は涼しい。もし、家にいたらずっとエアコンの下で過ごしていた。

P1040721

この状態で歩くのは、私は平気だがmaoがきつい。休憩を入れて90分が限界。それでも、10月にどこかの山に行きたいな~

Img_0826

ビーナスラインからの八ヶ岳。以前登った、赤岳~横岳~硫黄岳も眺めることができた。

2010年8月10日 (火)

黒戸尾根での激闘

8月7日(土) 黒戸尾根ルートで甲斐駒ケ岳を登ってきた。地図のコースタイムは15時間以上で通常は1泊2日のルートであるが、日帰りで強行した。しかし、『黒戸日帰り』は想像を絶する辛さで、色々と考えさせられるものがあった。

Dscn5758

朝5時、尾白川渓谷駐車場を出発!前夜は石和温泉のサウナで仮眠した。服装はトレラン風だが、ザックと靴は登山用。今回、初めてハイドレーション(プラティパス)を使用してみた。なかなか便利でこれからも活用できそう。

Dscn5756

この駐車場には、なんと『TEAM GORILLA』のO-sanの姿があった。先週、大湯温泉の宿で飲みながら『黒戸』の話題になった。まさか本当に来ていたとは!

Dscn5766

竹宇駒ケ岳神社で無事下山できるようにと。坊主さん、他に何をお願いしたにかな?

Dscn5770

歩き始めて30分。すでに汗が全身から噴き出す。

Dscn5777

だいたい30分ごとに休憩をしていく。樹林帯は深くて周囲の景色は見ることができない。高度計というものを誰も持っていないので、どれくらい登ったかも分からない。

Dscn5779

樹林帯は続く。汗の量が半端ない。首を振ると顔から汗が流れ落ちる。猪面さんが先頭で引っ張った。ハイペースで距離を稼いだ。

Dscn5784

登山開始から2時間30分。ようやく視界が開けた。富士山がよく見える。

Dscn5785

そろそろ樹林帯から抜けそうな雰囲気で、気分も明るくなる。時折、平坦路もあって『いやしの道だな~』なんて言いながら歩いた。

Dscn5791

そして刃渡りに到着! 他のブログで確認した通り、危険な個所であったがチェーンがしっかりしているから問題なかった。

Dscn5787

後で地図で確認したら、刃渡りで標高2000mオーバーだった。すでに雲の上にいる。登り始めの標高が700mほどだから、ホント大変な樹林帯だった。

Dscn5793

道は一旦下りとなり、五合小屋跡に到着。ちょっと心配になるほど下った。帰りの登り返しが辛いだろうな~と口には出さず、心で思っていた。

Dscn5794

ここから一気に標高を上げていく。こんな長い階段登ったのは初めてだった。途中で止まると怖いので一気に登っていく。

Dscn5797

手摺の無い吊り橋を渡って

Dscn5801

垂直の階段を登っていく。一歩一歩確実に登って行けば平気だけど、実際かなり怖い。谷川岳の西黒尾根もクサリ場が連続したが、その比ではない。

Dscn5802

やっとの思いで七丈小屋に着いた。時間は9時35分で登山口からすでに4時間30分歩いている。七丈小屋には冷たい水が流れているので、パックに水を補給する。2リットル用と0.5リットル用を満タンにする。

Dscn5806

七丈小屋から登ること30分。休憩で後ろを振り返ると、これまで登ってきた黒戸尾根が見える。

Dscn5809

8合目を目指して登る。一歩一歩が苦しい登り。まさに『急登に次ぐ急登』だった。

Dscn5810

蒼い空に向かって登る。

Dscn5816

気合で八合目に到着! ここでGPS機能付きの時計をしている『お兄さん』に『あとどれくらいっすか?』と聞いてみる。あと、400mほどだよ。 と教えてくれた。ただっ!正面に見える頂きはまだ遠くに見える。

Dscn5817

9合目では、すでに下山しているトレイルランナーとすれ違った。頑張れば『あと10分だよ』と励まされた。しかし急登は続いて苦しいばかり。『ウソついたな~』 と思っていたけど辛そうな私たちを見て、『10分!』と言ってくれたのだと思う。

Dscn5819

そして、甲斐駒らしい白い砂が現れるといよいよ山頂が目の前!

Dscn5820

頂上にはO-sanが待っていた。どうやら1時間前に到着していた模様。相変わらず強いな~ 辛そうな我々を見て、ヘッドライトはあるか?と心配して頂いた… 

Dscn5825

6時間50分かけて甲斐駒ケ岳登頂! 嬉しいはずだが、あまりに辛い登りでよく分からない。とにかく厳しかった。

Dscn5828

好日山荘で買った味噌煮込みうどん。最高に美味かった。頂上は日差しがきつくで暑かった。その分、大汗をかいたシャツを乾かすことができた。

Dscn5834

13時前に下山開始。クサリ場は登るより難しい。最近流行っている『山ガール』を期待していたが、この黒戸尾根には全くいなかった。

Dscn5836

長い梯子も登るより下る方が怖い! 下山はまっぱさんが先頭で引っ張る。私はずっと一番後ろ。

Dscn5840

15時20分。刃渡りまで戻ってきた。ここまで来れば、後は1時間ほどだろうと、考えいた。しかし! ここからが最も苦しくて辛い、道のりだった。樹林帯は気が遠くなるほど長く、猪面さんは幻覚が見えてしまった。何か、甲斐駒に試されているような、できるものならやってみろ! とか。自分のこれまでの人生はまだ甘い! と言われているような。 もう脚が壊れて、精神的にも限界を越えた。心が折れて座りたかった。

Dscn5842_2

12時間30分。甲斐駒と戦った。ハーフマラソンでは1時間30分、フルマラソンでは4時間。今回の激闘でまた新しい道が見えたかもしれない。あっ、何故ふざけた格好で写真を撮っているかと言うと10年前この場所で、集合写真を撮ったからである。

0

2010年8月 6日 (金)

甲斐駒ケ岳へ!

明日、甲斐駒ケ岳の登頂を目指します。コースは『黒戸尾根』で日本三大急登の一つを登る予定です。標高差2200mあるそうです。ちなみに、2年前は谷川岳の『西黒尾根』を登りました。この夏山企画も、今年で5回目!

Dscn5752

荷物を軽くしようと思ったけど、何だかんだ物が多くなってしまった。この黒戸尾根はトレラン走者が軽装でよく登っていると、ブログで書いてあったが私たちは『登山』のスタイル。でもハイドレーションを使ってみたり、トレランの格好をして行く予定。

これから新宿に集合!坊主さんのエクストレイルで南アルプスへ向かいます。

2009年9月 5日 (土)

夏山!八ヶ岳

実はハワイから帰国後、3日後に八ヶ岳登山へ行っていました。8月は結婚休暇と夏休暇を組み合わせてお盆から仕事をせずに遊び続けました。八ヶ岳は8月28日(金)に登頂しました。

Dscn5243

27日夜、新宿に集合。博多天神で替え玉して準備万端!坊主さんのエクストレイルで首都高、中央道で八ヶ岳に向う。しかし、いつもの事ながら前泊地に困る。いっそのこと登山口へ。ということで『やまのこ村』の駐車場で前泊する。ビールを飲んで消灯するものの、2時間も経たずに目が覚めてしまう。男4人で車中泊はちょっと辛かった。体を伸ばすために外に出ると満天の星空!ハワイより良く見えた。

Dscn5244

朝トイレを借りに中に入る。掲示板には『気温8℃』と書いてある。予備の上着を着ることになるとは思わなかった。小屋の脇には水が豊富にあり、自由に使うことができた。知っていれば水を大量に買わずに済んだ。

Dscn5245

6時30分出発。ルートは赤岳~横岳~硫黄岳を日帰りで縦走する。ルートマップで確認すると所要時間10時間、歩行距離20キロだった。普通は1泊2日のルートである。

Dscn5248

赤岳山荘を通り過ぎると、他のブログで良く見る『八ヶ岳の看板』あった。南沢のルートで登って行く。

Dscn5255

始めは整備されていて快適な登山道だった。これなら林間学校より楽だぞ、思っていた。

Dscn5254

しかし南沢ルートはけっこう荒れている。土石流の後?のような場所も多かった。

Dscn5258

行者小屋に到着。ここも他のブログで見た通りで興味深く見学する。それにしても人が少ない。平日だから山も静かだった。行者小屋にも水場あり。あまりストレッチしなかったせいか、すでに股関節が痛みだす。

Dscn5265

行者小屋から本格的な登山道となる。赤岳に向けて直登していく。この階段角度がありえない…一段で50センチくらい登る。

Dscn5266

猪面さんも苦しそう。標高は2500mは超えていると思う。3分休憩して『さあ出発』しかし10歩登ると息が苦しい。8月に飲んだ酒を全部出す!つもりで頑張る。

Dscn5269

ようやく阿弥陀岳との分岐まで登ってきた。坊主さん辛そう。

Dscn5272

分岐からはクサリ場の連続。寝不足と高度の影響か、油断すると『フラっ』と来る事もあった。みんな、『うぉー』『だぁ~』とか叫びながら登る。

Dscn5280

『赤岳』登頂。天気は見事に晴れた。そして富士山の姿も確認できた。2899mの山頂は最高に気持ちよかった!今年も企画できてよかった。(女性陣はいませんが)

Dscn5283

山頂すぐ下の赤岳頂上小屋。こんな場所で一日のんびり過ごすのも良いな~

Dscn5289

赤岳から横岳に向う。空もきれいだった。しかし足元はガレ場で歩きづらい。

Dscn5307

二つ目の『横岳』登頂。赤岳からは思っていたより距離があった。『気持ちよい稜線歩き』という訳には行かず、登り返しが辛かった。

Dscn5302

横岳で食事。事前に好日山荘で買った味噌煮込みうどん(岳食)。コシがあって上手かった。遠くに赤岳も見える。

Dscn5308

最後に目指すは『硫黄岳』。先頭はまっぽさん。ここから見ると登山道は緩やかに見えたが実際は岩がゴロゴロしていた。でも最後の登りで頑張る。なぜか股関節の痛みが続いた。脚の内側の筋力不足かな?

Dscn5309

『硫黄岳』も無事登頂して、赤岳ー横岳ー硫黄岳の縦走成功!後ろの爆裂火口はすごい迫力だった。吸い込まれそう。

Dscn5312

硫黄岳からは、これまで登ってきたルートを全部見ることができた。いやぁ~よく歩いてきたな~と感慨深め。ここから下山開始。

Dscn5315

硫黄岳には中学生が林間学校で来ていた。今日はどこに泊まるのだろう?山小屋かな?先頭では若い先生の姿も。夏休み中に林間学校とは先生も大変だなぁ。

Dscn5316

写真も撮らずに一気に下る。いやっ写真を撮る余裕が無くなっていた。赤岳鉱泉を過ぎると川の色が赤くなった。それにしても下りは長かった。下っても下っても美濃戸は見えてこない。ガレ場の連続で足の裏が痛い!膝もおかしくなった。

Dscn5319

下りはホントしつこかった。帰ってきたのは4時過ぎ。やっぱり10時間かかった。

Dscn5320

宿泊地は原村ペンション。一杯目のプレモルの味は忘れない。来年もこの一杯を目指して登ろう!

2009年5月24日 (日)

下見ハイキング

7月2日、3日で校外宿泊学習に行くので、その下見として宿泊する施設とハイキングコースを下見してきました。

Sany0014

宿泊するのは『奥武蔵あじさい館』。国道299号沿いにある!なかなか立派な建物で館内もきれいだった。

今日のメインはハイキングコースの下見!嫁に付き添ってもらい二人で山歩きをしてきました。

Sany0047

服装はCW-Xのロングタイツにハーフパンツの組合せ。夏山はこの格好が動きやすい。ストックはもっていないのでその辺にあった木をストック代わりにして歩きました。

Sany0054

途中、トレラングループに遭遇!この辺りはウルトラマラソンも行われているのでトレラン風の人も見かけた。

Sany0057

ハイキングの目的地は『子ノ権現』。あじさい館から1時間半で到着!大した山道ではないが暑くて汗びっしょり!良いトレーニングとなった。道中はほとんど樹林帯で景色はなし。これは結構こたえる…。生徒たちも『どこまで歩くのか』不安になるかもしれない。

Sany0055

一応、子ノ権現まで登ってくれば、こんな感じの景色は楽しめる。しかし達成感はあまりないかもしれない。

Sany0059

場内に入ると登山客や観光客が意外と多かった。15人くらいの大学生のグループともすれ違った。

Sany0066_2

この巨大なわらじが名物!足腰を守る神様ということで、他のハイカーは『80歳で山に登れますように』とお願いしていた。

Sany0061

埼玉県での山歩きでったが、今日とは別に色々なコースがあるらしい。機会があったら違うルートも歩いてみたい。しかし夏はやめとく!今日(5/23)でも暑かった!

動画も撮ったので、これから事前学習で生徒に見せます。あ~でも運動会がまだ終わってないな~

2008年8月31日 (日)

夏の思い出『那須岳』

Pict0432

那須旅行の二日目に那須岳(茶臼岳と朝日岳)の登山をしてきました!

大荒れの予報だったが朝は日差しが指し、どうにか登山ができそう。宿を9時に出発して登山口へ移動!

Pict0424

那須ロープウェー~茶臼岳~峰の茶屋~朝日岳~峠の茶屋(駐車場)の約4時間コース。

ロープウェーの待合室では観光目的の人々と一緒になり40人以上いた!私達のような登山者とビーサンのお兄さん、ヒールのお姉さんのような軽装の人々と一緒にロープウェーに乗る。

Dscn1049

山頂駅から登山道が始まる。はじめは観光客の人々と同じコースを登っていく。でも地面は石でゴツゴツ。ビーサン、ヒールでは無理!

Dscn1052

茶臼岳へと登る。この辺りまで来ると観光客がいなくなる。天気は曇っているが雨は降っていない。ガスがひどく黄色のペンキが塗ってある石を目印に登っていく。この山は活火山なので草木がすくない。富士山のような雰囲気でもある。

Dscn1056

『茶臼岳』登頂!ここは百名山!でも残念ながらガスで景色はあまり見えない。ロープウェーからは50分ほどで登れる。4時間かかった『谷川岳』とは大きく異なる。

Dscn1063

茶臼岳から峰の茶屋まで下るがガスでよく見えないし地図がないしで不安な気持ちで歩く。観光客は多かったが登山客は少ない。本当にあってるのかな~とゆっくり歩いていると前方から登山隊がやってきた!良かった!道はあってる。

Dscn1065

峰の茶屋が見てきた!ガスは晴れつつあり景色がよく見える。こういう景色とこのような場所を歩いているときが『登山・最高』と思える瞬間!

Dscn1080

峰の茶屋から今度は『朝日岳』を目指し再び登り始める!写真のような危険な場所もあり慎重に進む。それにしても人が少ない…いつ天気が崩れるかという不安もありのんびり休憩もできない。コースマップでは峰の茶屋から50分で朝日岳と書いてあった。

Dscn1075

そして無事に『朝日岳』登頂!1896m ここでお昼休憩

Dscn1071

今回は簡単にカップラーメン。大荒れの天気予報であったが1896mの山頂でのんびりと40分ほど過ごす。時々ガスも晴れて最高の景色を見ることができた。

Dscn1073

正面に見えるのは始に登った『茶臼岳』。

Dscn1079

Dscn1083_2

標高の割りに高度感がある。いつまでもここにいたいが、徐々に黒い雲が目立つようになってきた。あ~ここを降りたら夏は終わりだ~この景色をしっかり目に焼きつかせる。これから始まる長い二学期を乗り切れるように…

2008年8月28日 (木)

那須へ行ってきます

Nec_0046

明日から一泊二日で那須へ行ってきます。この夏最後のイベント。あっ!赤城山のマラソン(10キロ)があったか…

那須といえば『百名山・那須岳』!せっかく行くので登頂してきたいと思います。でも天気は雨の予報。谷川岳に行ったようなメンバーなら雨でも絶対いくが、今回は嫁と二人。観光が主な目的なのであまりに天気が悪ければ断念も。う~んでもレインウエアー着ていくかぁ!行程は4時間ほどだし。

あとは『那須ガーデンアウトレット』に行くことが目的!ずっと雨なら飲んだくれます。

2008年8月16日 (土)

谷川岳『動画編』

Xactiで撮影した動画で『谷川岳』を振り返ります。どうぞご覧下さい!

2008年8月15日 (金)

夏の思い出『谷川岳』

Pict0412

谷川岳登頂しました!左から猪面さん、まえだ(私)、坊主さん 山頂の『トマの耳』で最高の瞬間!今回登ったのは『西黒尾根コース』。かなり手ごたえのある登山道でした。

Dscn0839

前夜…谷川岳ロープウェー駐車場内でテント泊!水上IC降りてから、ちょうど良いテント場を探したが見つからなかった。候補であった湯檜曽公園は、真っ暗で何も見えず何があるのか分からず、怖いので辞めた。この駐車場は立体!テント泊といっても、ほとんど室内…『いやぁ~とてもヌルい』。まぁテント泊は初体験だから、これぐらいで良かった。そして、やはり飲んだ!いつものパターンで寝不足+二日酔い。

Dscn0844

朝6時起床。お湯を注いで、おかゆを作る。お湯を入れすぎて失敗!次回はドライカレーに挑戦しよう。

Dscn0846

何だかんだ時間がかかり、朝8時ようやく出発。男3人、女2人のパーティで谷川岳のトップを目指す。

Pict0368

登山指導センターで『登山届』を提出!15時下山予定にした。無事に下山できるかどうか!?湧き水が二日酔いの身体に染み渡る!すでに脱水気味??

P8120017 

西黒尾根の登山道に入る。ここの樹林帯はかなりきつい!急登の連続で足はパンパン。心拍数は上がり呼吸が苦しい…そして荷物が重い。樹林帯は2時間以上続いた。本当に辛かった。

P8120049

ようやく樹林帯を抜けひと休み。視界が開けていて気持ちよかった。だいぶ登ったなぁ~と思っていたけど、ここからがさらに辛い登りが続く。

Pict0378

少し登ると『クサリ場』登場!まずは坊主さんが先頭で登る。ほとんど直角に登っていくので油断できない。集中して登っていく。

Pict0380

続いて猪面さん!新品のカリマー40ℓがかっこ良い!シューズ(メレル)も新品。また好日山荘に行きましょう。

Pict0394

こういうクサリ場が3ヶ所ほどあり、先頭を交代しながら登っていく。慎重に登れば平気だが油断できない。でも樹林帯よりは楽しみながら登っていった。この西黒尾根を下山しようとしているグループとすれ違ったが、ちょっと心配であった。

Dscn0869

クサリ場を過ぎると、また急登の連続…それでも坊主さんがトイレに行きたいのでペースアップ!肩の小屋で用を足し、いよいよ山頂『トマの耳』へ!肩の小屋からは10分ほどで

Dscn0874

『トマの耳』に登頂!ようやくここまで来た。残念ながら後ろはガスってしまったが感動した!ここで大休止。皆でお昼ごはん。山で食べるものは、何でも上手い!

Dscn0878

お昼のあとは『オキの耳』を目指す。山のとザックのが美しい!

Dscn0887

そして『オキの耳』も登頂!これで谷川岳を制した。休憩も含め6時間弱!谷川岳は厳しい山だった。いやぁ~最高!

Pict0413

女性陣も満面の笑み。天気の崩れやすい夏の谷川岳であったが見事な景色を見ることができた。しかし、もし雨であったら…あのクサリ場はかなり危険であっただろう。

Dscn0890

帰りは天神平に向かいロープウェー(1200円)で下山した。下山道は『アブの大群』に悩まさせて写真も撮れなかった。

Img_0601

ウイィー!二日目はラフティング。とにかく充実した夏休みだった。ここまで遊ぶと『なんも言えない』!『富士山』『四阿山』と続いて今年で3年目!来年は八ヶ岳か白馬岳!

より以前の記事一覧